• ホーム
  • 性病治療の費用はいくらくらい?

性病治療の費用はいくらくらい?

薬を飲む男性

性病治療の費用は健康保険が利用できるので2千円から3千円程度になりますが、感染している性病によっては長期療養が必要なので費用が高額になります。
とくにHIVはウイルスを完全に取り除くことができないので、半永久的に薬を服用し続けなければならないので、医療費が非常に高くなる可能性があります。
クラミジアの場合はジスロマックの投与で治療が終わりますが、検査が2回行なわれるので、1万円以上かかりますが、用量が多いジスロマックは効果が得られる時間が長いため、結果的に薬だけで見ると費用があまりかかりません。
しかしクラミジアに感染して、その菌が耐性菌だった場合は他の薬を服用しなければならないので、更に費用がかかります。
また重症化して入院治療が必要になった場合や、顔にニキビにような発疹ができた場合には追加で費用がかかります。

日本人に多い性病としてはクラミジアや梅毒がありますが、これらは粘膜の接触で感染するので、セックス以外で感染することはほとんどありません。
クラミジアは感染しても症状がでる割合が少ないので、気が付かないまま他の人に感染させていることが多いので、若い女性を中心に感染が広がっています。
梅毒の場合はクラミジアよりも症状が重いので、発熱や腹痛などで病院を受診して感染が判明することが多く、重症化すると免疫力が低下するので皮膚や内臓が炎症を起こして死に至ることもあります。

ウイルス性の性病で多いものはヘルペスで、口などにヘルペスによる発疹ができているとキスをしたときに感染するので注意が必要です。
口唇ヘルペスはセックスが原因ではなく、もともと体の中に存在しているウイルスが免疫力の低下で唇の周囲に水ぶくれを起こしたものです。
性器のヘルペスは非常に強い痛みがあるので、治療をしないと排尿障害などで生活の質が著しく低下します。

人気記事一覧