• ホーム
  • 性病は絶対治せるものなのか

性病は絶対治せるものなのか

多色なカプセル

性病は基本的に治療できるものだとして考えて差し支えありません。
もちろんさまざまな種類があるのですから完治までにかかる時間は異なりますし、治療に必要となるアプローチも異なります。
そのためどのような性病でも即座に完治できるわけではないとはいえ、ほとんどの性病は治療できるようになりました。
ただその例外として押さえておきたいのがエイズと性器ヘルペスです。

まずエイズはヒト免疫不全ウイルス、HIVに感染することで引き起こされる非常に恐ろしい性病です。
症状としては免疫機能の極端な低下による発熱や体の痛み、頭痛といったようなものがありますが、このエイズは現代医学を持ってしても完治させることが出来ない不治の病として扱われています。
治療薬の投与による症状のコントロールは可能になりましたのでかつてと比べれば遥かに進歩していますが、それでも完治が難しいということは変わりません。

次に性器ヘルペスについてはヘルペスウイルスに感染することで引き起こされる性病となっています。
単純にヘルペスの発作が出た場合は薬によって治療することが出来るのですが、このウイルスは一度感染すると体内に永遠に潜み続けるという特性があります。
そのため体調が崩れている時などはウイルスの活動が活発になって症状が再び引き起こされる、治療によってその症状を抑えて回復させるという繰り返しが行われることになるのです。

ただこちらは健康的な生活習慣を心がけたり再発抑制療法を行うことで再発率を引き下げるなどの対策が出来ますので、エイズと比べれば危険度は低いとみて良いでしょう。
性病の多くは治療可能であるとはいえ、こういった病気に関してはまだ治療法が確立されていません。
軽い気持ちで性行為をするとこうした病気に感染してしまうことになりますので、くれぐれも性病予防はつねに意識するようにしましょう。

人気記事一覧