• ホーム
  • 性病が疑われるようなできものは東京で受診

性病が疑われるようなできものは東京で受診

病原体

性病は性行為をすることでかかるリスクがあります。
いろいろな種類のものがありますが、見ただけで性器に異変を感じるものもあるのです。

例えば性器にカリフラワー状のできものができていたりすると、多くの方がすぐに自分の性病を疑うことになるでしょう。
性器にこうしたできものがある場合は、尖圭コンジローマの可能性が考えられます。
このできものはイボで、治療をする際は病院で切除をする必要があるのです。
ただ、再発をする可能性もあるので、治療後も変化が無いかどうかをしっかりとチェックしておくことが大切です。
このようなできものは、男女共に性器だけでなく肛門に出ることもあるので注意しておきましょう。

こうした性病を予防するためには、コンドームを使用した性行為をすることを心掛けるべきです。
コンドームを使用することで性病にかかるリスクを大きく減らすことが可能です。
また、オーラルセックスも性病が感染する可能性があるので、なるべく控えるようにしましょう。

もし自分の性器にできもの等ができて異変を感じた場合は、すぐに病院に行くべきです。
東京には性病を治療することが出来る病院が多くあります。
病院を選ぶ際は自分が通いやすいかどうか、評判は良いかという点を考慮して選ぶと良いでしょう。
男性の場合は泌尿器科を受信することが一般的ですが、女性であれば産婦人科で対応してくれます。
性病の中には痛みやかゆみなどが無いものもありますが、放っておくと他人に移してしまう可能性がありますので定期的に検査をすることも大切です。
また、男性の方は風俗で性病を移されることも少なくないので、そういったお店でサービスを利用することが多いという方も定期的に病院で性器に異常がないかを診てもらうことをお勧めします。

人気記事一覧