考えている男性

性病は性行為によって感染し発症する病気で多くの種類があります。
性病の中には一度感染してしまうと完治しない病気や性器だけでなく喉に感染する病気などさまざまです。

性病は女性と男性では症状が異なるため、どのような症状が現れるのか知っておく必要があり、病気によってはコンドームを着用しても予防できないものもあるため性病について詳しく知っておくことが重要となります。

感染しても早期に発見すれば早く完治させることができる病気としてはクラミジア、毛じらみ、性器ヘルペス、トリコモナスなどが挙げられます。

クラミジアに感染すると男性の場合は膿のような分泌液、排尿時の痛みが現れ、女性の場合は織物の増加や不正出血が現れます。
毛じらみは陰毛に白い虫が付着し激しいかゆみに襲われます。

性器ヘルペスは男女ともに性器付近やお尻に水膨れ、赤いぶつぶつが現れるようになります。
ヘルペスは唇にも現れたりすることがあり、多くの女性を苦しめていますがそれは殆どバルトレックスやゾビラックスで治療が出来るので覚えておきましょう。
通販でも購入が可能なので、ゾビラックスを通販で買って常備しておくのもアリです。

トリコモナスは男性の場合ほとんど症状がありませんが、女性は悪臭の強いおりものや陰部にかゆみや痛みがあらわれるようになります。
性器だけでなくオーラルセックスを行うことによって喉に感染する性病もあります。

カンジダ症や淋病は口腔内に感染するため注意が必要です。
カンジダ症は陰部に激しいかゆみや膿のような分泌物が現れ、喉に感染すると風邪のような症状が現れます。
淋病は排尿時の痛みや下腹部の痛みや不快感などが現れます。
カンジダ症も淋病も放置しておくと扁桃腺炎を引き起こすこともあります。

一度感染してしまうと完治することがない性病として有名なのがHIV感染症、そして肝炎が挙げられます。
HIVは免疫が機能しなくなる病気で発症すると命にかかわる恐ろしい病気です。
肝炎も放置しておくと肝硬変の原因となったりするため感染しないように予防することが大切です。
HIVも肝炎も性器に症状はなく風邪のような症状など全身症状が現れます。